お尻の肌はダメージを受けてニキビができやすい!

普段は、水着などを着ない限り露出することがほとんどなく、外の空気にさらされることがないお尻は、本来なら体の中で最も綺麗な肌であってもおかしくないと思われがちですが、実際のお尻の肌は、ニキビができたり、黒ずんでブツブツができたり、乾燥してカサカサだったりと肌トラブルの温床でもあります。

この原因は、お尻の肌がもともと柔らかくてもろいことに加えて、椅子などの硬いものに押し付けられたり、圧迫される時間が長いことで角質化して角質肥厚が起こりやすいことです。

特に、仕事で1日中、デスクワークをしている方などは、上半身の体重をほぼ1日中、お尻に預けているわけですから、圧迫されて汗で蒸せたりして、お尻にかかる負担は相当なものです。

椅子が硬いと、その負担はなおのことで、その刺激から肌を守ろうとして、お尻は角質を厚くさせて乾燥してゴワゴワやブツブツになり、黒ずんだりしてしまいます。

また、お尻だけでなく背中も、寝ている間は汗で蒸せたりしてニキビができやすい状態にあります。

このようにゴワゴワ、ブツブツになったお尻を、入浴のときに硬いナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシと強く擦って洗うと、なんとなくゴワゴワやブツブツの盛り上がりが取れて綺麗に治ったように思われますが、擦ったところが傷になって、そこから炎症を起こすとシミになってしまうので十分に注意して下さい。

そして、角質が厚くなって角質肥厚を起こしたお尻は、毛穴が詰まりやすくなり、その詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖してにニキビが発生します。

皮脂量が特に多いというわけでもないのに、ニキビが多く発生するのは、1日中お尻に負担がかかってしまい、肌が乾燥して角質肥厚を起こしているためです。

さらに、夏場などは多量の汗をかいて蒸せることで、ダメージを受けて硬くなったお尻の肌にアクネ菌が繁殖しやすい状況をつくってしまいます。

椅子に座りっぱなしという時間をなるべく避けて、また、通気性の良い下着を身につけるなどしてお尻のニキビを予防しましょう。

 

 

自分の症状に合った育毛剤を!

薄毛や多量の抜け毛などの髪のトラブルで悩んでいる男性は全国で1200万人以上とも言われています。

そんな髪の悩みは、男性特有のものと思われがちですが、最近は、男性の数に迫る勢いで女性も増えて600万人以上と言われています。

このようなことから、育毛業界は、育毛剤やシャンプー剤などの売り上げを伸ばして潤い、実際に、ドラッグストアーや薬局を覗いて見ると、数多くの育毛剤や、「育毛」と名の付いたシャンプー剤が商品棚に並べられています。

しかし、それらを選ぶときのポイントは、育毛効果、価格、安全性など、さまざまな注意点に気を付けなければなりません。

まずは、自分の症状に合った育毛剤を選ぶことが大切で、自分の頭皮に合わない成分が含まれていると頭皮環境を悪化させてしまい、反対に薄毛や抜け毛を引き起こす原因を作ることになってしまいます。

また、いくら効果的な成分が含まれていても、自分の症状とは無関係の成分では、ただお金の無駄遣いということにもなりかねません。

例えば、女性の場合は、頭皮環境を整えることで育毛に有効とされている脱毛症が多く、このようなケースは、血管を拡張させて血流を良くするような成分がメインとなった育毛剤が効果的となりますが、男性型脱毛症に、このような頭皮環境を整えることをメインとした育毛剤では、ほとんど効果を得ることはできません。

ちなみに、頭皮の血管を拡張させて血流を改善させる成分としては、センブリエキス、トウガラシチンキ、ショウキョウエキス、塩化カルプロニウム、ニコチン酸ベンジルエステル、ビタミンE誘導体などがあります。

男性型脱毛症には、現在、ミノキシジルという成分が医学的に育毛効果が認められているので、この成分を含んだ育毛剤が有効になります。

さらに、安全性を考えると、できるだけ添加物が含まれているものは避けて、無添加の育毛剤を選ぶことが安全で、毎日、安心して使用することができます。

そして、育毛剤は最低でも6ヵ月間くらいは使い続けなければ効果が分からないので、自分の予算に合った価格のものを選ぶことも大切になります。

 

 

無理な食事制限は痩せられない体をつくる!

「食べたら太る・・・」という思い込みが、無理な食事制限だけによるダイエットをさせてしまう原因のようです。

普段の食事を大幅に減らして痩せようとするダイエット法は、確かに数日間我慢を続けていれば体重は徐々に減って行きます。

ですが、体重の減少とともに、多くの弊害が生まれています。

人の体は、生命を維持するために、毎日の食事で必要なエネルギーをしっかりと摂取しなければ生きていけないようにできています。

それなのに、無理して摂取エネルギーを制限し、しかも、栄養も偏ってしまうと、体に異変が起こるのは当たり前のことです。

そもそも、食欲を何日も我慢することはできません。

それでも無理して我慢を続けるとストレスが溜まり、その反動で、ドカ食いや暴飲暴食をしてしまうことになります。

例えば、「痩せるために・・・」と、無理して食事制限していても、一般社会の中で生活をしていれば、会社の同僚や友人との付き合いもあり、飲み会や食事会などに出かけることもあるでしょう。

そんなときも、我慢できるでしょうか。

普段から食欲のストレスが溜まっていると、ちょっとした気の緩みで、食べ過ぎの食生活に陥ってしまい、あっという間にリバウンドで激太りすることになってしまいます。

また、無理な食事制限は、当然、栄養も偏ったり、不足したりしますので、「生理に影響が出て、排卵が止り、婦人科で薬をもらい治しました・・・」という体験をする女性も少なくありません。

さらに、肌が乾燥し、シワやたるみが目立ち、髪の毛はハリやボリュームが失われて薄くなるなど、見た目年齢が高くなって老化してしまいます。

そして、痩せるためのには致命的となる大問題が起きています。健康と美容の情報ステーション

それは、基礎代謝量が低下してしているということです。

基礎代謝とは、人が生きて行く上で最低限必要なエネルギー代謝のことで、この基礎代謝量が高ければ、1日あたりの総消費エネルギーが増えて痩せやすい体ということになります。

そして、体の中で最も基礎代謝が消費される器官が筋肉です。

ですので、筋肉量が多ければ、基礎代謝量も高くなってダイエットも楽に行えるというわけですが、無理な食事制限だけで痩せた分は、半分以上が筋肉になってしまいます。

ようするに、食事制限で体重が落ちても、基礎代謝量が低下しているために、リバウンドしやすく太りやすい体質になってしまっているということです。

健康的に痩せるためにダイエット法の基本は、この基礎代謝量を高めて痩せやすい体をつくることです。

 

 

ニキビやシミ、しわに悩まないように・・・

本当のところニキビは、「尋常性ざ瘡」と呼ぶこともある肌の病です。

よくみるニキビと放置しておくと痣が残ることもよく見られることなので、相応しい素晴らしい薬が大切だといえます。

また、皮膚のシミやしわは知らず知らずの内に目立つようになるのです。

しわをみたくないなら、今すぐなにがなんでも治すべきです。

栄養分を肌に届けられたなら、5年後も10代のような肌で毎日を過ごせます。

洗顔中も敏感肌の人は気を付けてほしいです。

皮膚の油分を落とすべく流すべきでない油分も落としてしまうと、こまめな洗顔というのが避けるべき行為になるに違いありません。

時々見受けられるのが、毎日の手入れに費用も手間もつぎ込んで良いと思っている形です。

必要以上にケアを続けても、今後の生活が上手でないと赤ちゃん美肌は難しい課題になります。

顔の肌荒れで深く悩んでいるストレスまみれのタイプに方は、相当な割合で酷い便秘ではないかと推定されます。

ひょっとして肌荒れの発生要因は、重度の便秘症だという部分にも存在するので気をつけましょう。

 

ソープのみで何度も擦ったり、とても優しく複数回顔を洗うことや、数分間も貪欲に無駄に洗顔するのは、肌を弱らせて目立った毛穴を作る要因です。

いつも化粧を流すための製品でメイクを取り除いているのではないかと思われますが、意外な事実として肌荒れを起こす発生理由がこういった製品にあるのは間違いありません。

体を動かさないと、身体の代謝機能が衰えることになります。

体の代謝が下がってしまうことで、頻繁な風邪とか身体の問題のファクターなると思いますが、しつこいニキビ・肌荒れもひとつに入ると思われます。

泡を切れやすくするためや、肌の油分を流し切らないと流すお湯が高温だと、毛穴の開き具合が大きくなりやすい顔にある皮膚は比較的薄いという理由から、どんどん潤いが出て行ってしまうでしょう。

美肌を手に入れると言うのは産まれてすぐの赤ん坊みたいに、時間がないためにメイクできなくても、顔のスキン状態が理想的な肌に生まれ変わることと言っても過言ではありません。

 

小鼻の毛穴の黒ずみの正体は現実には毛穴の影です。

広がっている汚れをなくしていくという考えをもつのではなく、毛穴を隠すことにより、汚れによる影も見えなくすることが出来てしまいます。

洗顔フォームの表示を見ると、油を流すための化学成分が過半数以上品質を保つために含まれていて、洗顔力が優秀でも皮膚にダメージを与え続けて、皮膚の肌荒れ・でき出物の最大誘因となるようです。

今から美肌を求めて、老廃物を出せるようなやり方の美肌スキンケアをやっていくことこそが、おばあさんになっても美肌を持っていられる、考え直してみたいポイントと考えても良いといえます。

ニキビがあると感じたら、是が非でも肌を払い流したいと考え、殺菌する力が強い簡単に買えるボディソープを我先に使いたいと思うかもしれませんが、ニキビに振れ過ぎると重度の状態にさせる間違った知識ですので、絶対に実践しないように気を付けてください。

肌に優しいアミノ酸を含む日々使えるボディソープを使うということは、皮膚乾燥を阻止する作用をパワーアップさせます。

肌の刺激が安価なものより小さいので、乾燥肌をなんとかしたい男の人にも良いです。

肌のお悩み研究室

 

 

Categories
Bookmarks